オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

くら寿司、インバウンド向けの旗艦店を銀座に初オープン 寿司、天ぷらパフォーマンス、123メートル超の回転レーン

回転寿司チェーン「くら寿司」が4月25日に、グローバル旗艦店国内第6号店となる「くら寿司 グローバル旗艦店 銀座」をマロニエゲート銀座2(東京都中央区)にオープン!

「くら寿司 グローバル旗艦店 銀座」
「くら寿司 グローバル旗艦店 銀座」

 回転寿司(ずし)チェーン「くら寿司」を運営する、くら寿司(大阪府堺市)が、グローバル旗艦店国内第6号店となる「くら寿司 グローバル旗艦店 銀座」を4月25日、マロニエゲート銀座2(東京都中央区)にオープン。くら寿司が銀座に出店するのは初めてです。

 昨今、インバウンド(訪日客)需要が急速に回復し、伸長する傾向にあり、グローバル旗艦店 銀座は、「江戸町エンターテインメント」をコンセプトにオープン。「インバウンドへのニーズにも合わせた大型のグローバル旗艦店」になるということです。

 同店舗では、クリエイティブディレクターの佐藤可士和さんがプロデュース。歌川広重の浮世絵に描かれた江戸の文化を感じられるオリジナル空間「くら小江戸」を展開。浮世絵やちょうちんが飾られ、テーブルや柱には白木を使用しています。

 くら小江戸では、店員が「寿司」「天ぷら」「団子」を作るパフォーマンスを間近に見られる屋台を設置。ライブ感あふれる体験機会を提供します。また、回転寿司らしさも追求し、同社史上最長となる123メートル14センチの「回転ベルト」を備え、畳シートの座席で寿司メニューを楽しめるようになっています。

 寿司メニューでは、他店舗同様のメニューが楽しめるほか、同店限定の高級ラインとなる「特上にぎり『蔵-KURA-』」「特選三貫『銀座』」など、時期によって異なる旬の魚を使ったメニューも設置。さらに、「光物三貫『青の神秘』」「厳選貝三貫『赤の将軍』」「カステラ玉子焼『ふわり』」なども販売します。

 天ぷら屋台では、「特上天ぷら盛り」「阿波の足赤海老天盛り」「豪快穴子一本揚げ」「真あじ天盛り(骨せんべい付き)」の揚げたてを楽しめたり、団子屋台では、専用の機械で焼き上げた団子を味わえる「みたらし」「あんこ」「白あん」「抹茶あん」も発売されます。

 営業時間は平日が午前11時、土日が午前10時20分にそれぞれオープン。ラストオーダーは平日土日共に午後10時30分、終了は共に午後11時です。

 グローバル旗艦店 銀座では、「ユニクロ」とのコラボキャンペーンも同日から期間限定で実施。コラボメニュー

(オトナンサー編集部)

【えっ?】天ぷら&団子を屋台で! 面白そうな店内をチェック! 123メートル超の回転レーンも!

画像ギャラリー

コメント