オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • 「オス」「メス」「交尾」の3種類 “カードゲーム”で性教育を行う企業の授業、その狙いは?

「オス」「メス」「交尾」の3種類 “カードゲーム”で性教育を行う企業の授業、その狙いは?

「性」の正しい知識を知らない子どもたちを性犯罪から守るため、カードゲームなどを使い、幼少期から性教育を行う取り組みが始まりました。

のじまさん(写真奥)とカードゲームを楽しむ子どもたち
のじまさん(写真奥)とカードゲームを楽しむ子どもたち

 日本では、幼い子どもたちへの性教育がタブー視される一方、「性」に関する正しい知識を持たない子どもが性犯罪の被害に遭う事件が後を絶ちません。こうした現状を変えようと、幼児期からカードゲームなどを使用し、性の知識を教える取り組みが東京都内で始まりました。どのような取り組みなのか、現場を訪ねました。

「水着で隠すのは、自分の大事な場所」

 幼児期からの性教育に取り組んでいるのは、幼児などへの教育事業を展開する「Terakoya Kids」(東京都台東区)が新設した施設「Terakoya Annex(テラコヤ アネックス)」(同区)です。「テラコヤ アネックス」は、保育所や学童保育の機能のほか、社会について実学を通じて学ぶ“新しい学び舎(や)”をコンセプトとして7月20日にオープンしました。性教育の授業は、特別プログラムの一環として実施しています。

 性教育の授業は7月24日に初めて実施し、講師は看護師資格も持つ、のじまなみさん。のじまさんは、子どもへの性教育の大切さを伝える団体「とにかく明るい性教育 パンツの教室協会」代表理事でもあります。当日は、4~10歳の子どもたち10人が参加しました。

 ゲームのカードには、メダカやイルカ、カタツムリ、キリン、ゾウなど17種類の生き物のイラストが描かれ、それぞれ「オス」「メス」「交尾」(人間は「男性」「女性」「性交」)の3種類があります。カードを引いて同じ生き物の3種類を集めれば高得点になり、集まったら「受精!」と大きな声で叫ぶルールです。「交尾」のカードには、それぞれの生き物が交尾する様子が描かれ、イラストを見ながら、どのように子どもを作るのかが自然と身につきます。

 最初は少し恥ずかしそうにしていた子どもたちも、徐々に慣れてゲームを楽しむように。ゲーム後、のじまさんは「水着で隠す部分は大事なところ。自分で自分の身を守るようにしてほしい」と語りかけ、歌に合わせて子どもたちと「隠す部分」に触れるリズム体操をしました。

 子どもたちを対象にした性教育を始めたきっかけと、カードゲームを採用した理由を、のじまさんに聞きました。

1 2 3 4