オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • 結婚は「怒らない人」とすべきだ お見合いで店員にクレームを言い続けた41歳男性のケースから

結婚は「怒らない人」とすべきだ お見合いで店員にクレームを言い続けた41歳男性のケースから

結婚相手を選ぶ際に重要な「人柄」ですが、お見合いの場面では、プロフィールからは分からなかった人物像が浮き彫りになることもあるようです。

結婚するなら、ささいなことで怒らない人と?
結婚するなら、ささいなことで怒らない人と?

 結婚相談所や婚活アプリなどの身上書で結婚相手を選ぶ時に、まず“見た目”と“年齢”は、男女問わずに皆さんチェックしますよね。さらに、女性が男性を選ぶ時には、“収入”も大事な懸案事項になるでしょう。ですが、一緒に生活をするとなったら、一番大切なのはお人柄。男性も女性も、ささいなことで怒らない、おおらかな人がよいですね。

相談所からの推薦文は「おおらかで誠実な男性」

「今日の西山さん(41歳、仮名)は、お断りでお願いします」

 お見合いを終えたばかりの石原萌子さん(38歳、仮名)から、連絡が入りました。あまりにも早いお断りだったので、メールを読んだすぐ後に私から電話を入れて、何があったのかを聞きました。萌子さんは、言いました。

「相談所の推薦文には、『おおらかで誠実な男性』って書いてありましたよね。それが全然違っていました。『ああ、こんなささいなことでキレるのか』って。でも、それがお見合いで分かってよかったです」

 というのも、こんなことがあったようです。

 お見合いしたのは、都内の某ホテル。そこのホテルは1階と2階にカフェがあるのですが、1階のカフェには、入る順番待ちをしている人たちが行列をなしていました。そこで、2階のカフェに行くことに。

 エレベーターが来たので、まずは萌子さんと西山さんが乗り込みました。すると、女性2人が後から乗り込んで来ました。2階でドアが開くと、後から乗り込んだドア側の女性たちが降り、カフェに向かいました。その後に萌子さんたちも続きました。

「2階のカフェは、その女性2人でちょうど満席になってしまったんです。そしたら西山さんが、『自分たちの方が先にエレベーターを待っていたのに、何で後から来た2人が先に店に入って、自分たちが待たされるのか。それはおかしいだろう』と、店員さんにクレームをつけたんです」

 エレベーターにどんな順番で乗ったかなんて、店員さんは知るはずもなく、先に来たお客様を店に通しただけ。ですが、西山さんの剣幕に、「申し訳ございません」と平謝りだったそうです。そんなやり取りの中、1組のお客さんが会計を済ませて出て行ったので、萌子さんたちも席に案内されました。

「そしたら、着席してからもプリプリ怒っていて、お水を持って来たウエイトレスさんにも、『俺はこういう筋の通らないことは大っ嫌いなんだ』って、クレームをつけているんですよ。一緒にいる私が恥ずかしくなりました。一刻も早くお見合いを切り上げて帰ることばかり考えてしまいました」

 相談所の推薦文とは、全く真逆の男性が来たと思ったそうです。

間違いに腹を立てるか、許せるかで分かる人間性

 かつて成婚退会した女性が、旦那様になった男性についてこんなことを言っていました。

「お見合いの時に、彼はアイスコーヒーを頼んだのにホットコーヒーが来たんです。コーヒーが置かれた時、『あれ? アイスコーヒー頼んだんだけど。あ、でもいいです、いいです。ホットも同じコーヒーだし』と言って、『申し訳ありません』と下げようとしていた店員さんから、ホットコーヒーを笑顔で受け取ったんですよ。それを見た時、『あ、この人、素敵』って思いました」

 人が何か間違えた時に、「筋が通らないことは大嫌いなんだ」と怒るか、「あ、いいですよ」と許せるかどうかで、その方のお人柄や懐の深さが透けて見えますよね。

1 2

鎌田れい(かまた・れい)

仲人・ライター

雑誌や書籍のライターとして活動。得意分野は、恋愛、婚活、芸能、ドキュメントなど。タレントの写真集や単行本の企画構成も手がけてきた。あるカリスマ仲人を取材したことをきっかけに「ご縁を結ぶ仕事」に興味を持ち、現在は結婚ナビゲーターとしても活動中。婚活のためのレクチャーやイベントも多数開催する。プライベートでは、婚活パーティーで知り合った夫と結婚し、双子の母。自らのお見合い経験を生かして結婚相談所を主宰する仲人でもある。あいかつハウス公式サイト(http://aikatsuhouse.grupo.jp)。