オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • そうめんだけじゃなかった! 「揖保乃糸」が製造する中華麺&パスタとは

そうめんだけじゃなかった! 「揖保乃糸」が製造する中華麺&パスタとは

そうめんで有名な「揖保乃糸」ですが、実は、そうめんだけを作っているわけではないこと、ご存じでしたか。

揖保乃糸ブランドの手延べパスタ「龍の夢パスタ」(兵庫県手延素麺協同組合提供)
揖保乃糸ブランドの手延べパスタ「龍の夢パスタ」(兵庫県手延素麺協同組合提供)

 そうめんがおいしい季節ですが、そうめんの代表ブランドの一つ「揖保乃糸(いぼのいと)」に、パスタや中華麺、うどんがあるのをご存じでしょうか。また、そうめんについても、製造時期や原材料などに応じて7種類以上の等級を設けているそうです。

 SNS上では「揖保乃糸が中華麺まで出しているとは」「等級があるのは知らなかった」「奥が深い」などの声が上がっています。「揖保乃糸」を販売する兵庫県手延素麺(てのべそうめん)協同組合(兵庫県たつの市)の担当者に聞きました。

時代に応じた商品を提供

「揖保乃糸」は、兵庫県南西部の西播磨地方(姫路市、たつの市、宍粟市、太子町、佐用町)にある、約430の事業者が製造に携わっています。西播磨地方のそうめん作りは600年の歴史があるとされ、本格的に産地として形成されたのは、江戸時代後期の1820年ごろと言われています。

 手延べうどんは1898(明治31)年から作られていたそうですが、1910年以降製造を休止し、1987年に再開されました。手延べ中華麺は2006年、手延べパスタは2014年にそれぞれ発売されています。

 兵庫県手延素麺協同組合営業企画課の担当者に聞きました。

Q.なぜ中華麺やパスタ、うどんも製造しているのですか。

担当者「兵庫県手延素麺協同組合は、そうめんの伝統製法や品質を守る組織です。1887年の設立以来、生産者の技術指導や原材料の品質管理、販売などを行ってきました。伝統を守るのも大切ですが、それにばかり目を向けていては時代に取り残されます。揖保乃糸の手延べの技術でいろんな麺に挑戦したいという思いから、日々新たなことに取り組んでいます」

Q.中華麺やパスタの生産量の割合は。

担当者「揖保乃糸全体から見ると、ごくわずかです。消費者からは、乾麺の簡便性や、ゆで時間の短さ、手延べ独特の食感やのど越しを楽しめると大変好評です。おいしさは口コミで広がり、テレビ番組などで取り上げていただく機会も増えています」

Q.そうめんの等級を設けたのはいつからですか。

担当者「1894(明治27)年です。兵庫県手延素麺協同組合の前身である播磨国揖東西両郡素麺製造業組合が基準を設け、検査で1~7等級に分けました。最上位の『三神(さんしん)』を製造するのは、わずか数軒です。続く『特級』も、製造は組合が選抜指定した熟練製造者に限られています」

Q.麺類の製造時期が10月から翌年4月に集中しているそうですが、なぜですか。

担当者「揖保乃糸は何本もの麺の帯を縄のようにねじり合わせ、縒(よ)りをかけながら、何度も熟成を繰り返して一本の細い麺に仕上げていきます。気温が高過ぎたり、湿度が安定していないと、麺を効率よく延ばすことが難しくなります。そのため、製造は気温や湿度が比較的安定した時期に行い、冬の時期にピークを迎えます。製造は道具の力を借りながら、職人の長年の経験や勘を頼りに効率よく延ばしていきます」

Q.今後取り組んでいきたいことは。

担当者「近年、全粒粉や小麦ブラン、金ごまをブレンドしたものなど健康志向の商品開発を進めてきました。これからも揖保乃糸伝統の手延べ製法の可能性、おいしさを追求し続け、さらなる品質の向上に取り組んでいきます」

(報道チーム)

1 2