オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • プロ野球の「最高にロックな」ポスター出演 “キスおばちゃん”浅見千代子さんとの撮影会

プロ野球の「最高にロックな」ポスター出演 “キスおばちゃん”浅見千代子さんとの撮影会

「最高にロックな広告」とSNS上で話題になったポスターの出演者と写真を撮影できます。

写真撮影会のイメージ(読売新聞東京本社提供)
写真撮影会のイメージ(読売新聞東京本社提供)

 今春、「大阪で東京対決、なんでやねん」と、おばちゃんパーマの女性がツッコミを入れるプロ野球のポスターが「最高にロックな広告」とSNS上などで話題になりましたが、その「パンチおばちゃん」とツーショット写真を撮れる撮影会が、大阪で開催されます。企画担当者に話を聞きました。

キスはあるのか?

 ポスターは7月25、26日に京セラドーム大阪(大阪市西区)で開催されるプロ野球、巨人-ヤクルトの告知用で、大阪環状線の各駅や京セラドームなどで掲示されました。

 パンチパーマのようなオレンジ色の髪、ヒョウ柄の服にハリセンという、コテコテの“大阪スタイル”のおばちゃんと、「大阪で東京対決、なんでやねん」というキャッチコピーのインパクトの強さで話題に。登場している女性は、テレビのバラエティー番組でも人気の浅見千代子さんです。

 撮影会は、25、26日に各4回、各回30分ずつ京セラドーム内で実施します。試合観戦者のうち、当日配布の整理券(先着)を入手した両日計1600人限定という貴重な機会で、浅見さんは、ポスターと同じ格好で撮影に臨む予定です。

 読売新聞東京本社スポーツ事業部の担当者に聞きました。

Q.ポスターへの反応は。

担当者「おかげさまで良い反応を頂きました。これまでのPR方法とは異なる方法を採用しているので、皆さんの反応をSNSでチェックするのも面白かったです」

Q.撮影会を企画したきっかけは。

担当者「せっかく良い反応を頂いたのだから、来場してくださるお客様に、さらに喜んでもらえるような企画につなげようと考えました。京セラドームでは毎年、巨人の試合を行っていますので、今年来場してくださった皆さんに『また来年も来たい』と思ってもらえるようにしたいと考えています」

Q.ポスターの掲示は終了したのですか。

担当者「環状線では5月の1カ月間でした。京セラドームでは引き続き出してもらっています」

Q.撮影の際は、自分のスマートフォンやカメラを持参すればよいのですか。

担当者「スマホやカメラを持参いただければ、スタッフが撮影します」

Q.浅見さんといえば、共演者にキスをしまくる「キスおばちゃん」と呼ばれていますが、そういうハプニングもありうるのでしょうか。

担当者「ないと思います。いえ、ありません」

Q.浅見さんの意気込みは。

担当者「黙ってうなずかれていました」

 チケットは、7月3日時点で一部座席のみ販売中で、当日券の販売は未定。撮影会の整理券は25、26日ともに午後5時と7時からドーム内13ゲート内で配布するとのことです。詳細は巨人軍公式WEBサイト(http://www.giants.jp/G/gnews/news_3912947.html)で。

(報道チーム)

1 2

コメント