オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • エンタメ
  • 織田梨沙、アクション挑戦に意欲「強い女性に引かれます」

織田梨沙、アクション挑戦に意欲「強い女性に引かれます」

2017年公開の映画「STAR SAND-星砂物語-」のDVDが発売。同作が映画初主演で、16歳の少女・洋海を演じた織田梨沙さんにインタビューを行い、初主演の感想などを聞きました。

織田梨沙さん
織田梨沙さん

 2017年に公開された日豪合作映画「STAR SAND-星砂物語-」のDVDが発売されました。同作は1945年の沖縄が舞台。16歳の少女・洋海(ひろみ・織田梨沙さん)と日本兵・隆康(満島真之介さん)、アメリカ兵ボブ(ブランドン・マクレランドさん)の間には不思議な関係が築かれていきます。一方、2016年の東京。大学生の志保(吉岡里帆さん)が卒論の資料として手渡された日記には、戦時中の沖縄の小島で暮らす16歳の少女の見聞が書かれており…というストーリーです。

 オトナンサー編集部では、同作で映画初主演を果たした織田さんに単独インタビューを実施。初主演の感想や役作りについて聞きました。

いつ死んでもおかしくないという気持ち

Q.初主演の感想をお願いします。

織田さん(以下敬称略)「うれしかったです。主演だろうが主演じゃなかろうが、そこはあまり気にしませんでした。自分がリーダーで引っ張らないといけないなと思い、そこが課題でした。でも、満島さんがリーダー的存在になってくれて、にぎやかで楽しい現場になりました」

Q.ロジャー・パルバース監督の印象をお願いします。

織田「日本語がペラペラで、私より日本歴が長いし(笑)昔のこともよく知っているし、パワフルで年齢を感じさせない人です。一緒にいると自分が無知だなあと思うことも多々ありましたが、娘のように接してくれました」

Q.役作りはどのようなことをされましたか。

織田「監督とお話しして『洋海像』を作り上げたり、英会話の練習をしたり、真珠湾について調べたり、いろいろな話を聞いたりしました」

Q.舞台が戦時中ですが、何か注意したことはありますか。

織田「洞窟(どうくつ)の中は平和、外は戦争しているイメージで研ぎ澄ますというか。余裕を持たないように、いつ死んでもおかしくないという気持ちで『安心しないこと』を心がけました」

Q.一番挑戦したことは何でしょうか。

織田「英語のセリフです。そして隆康(満島さん)に本気で怒鳴り説教するシーンです。これまで、そんなシーンがなかったので初挑戦でした。現実では怒鳴ったりしませんし、けんかするくらいなら距離を置くと思います」

Q.現場の雰囲気はいかがでしたか。

織田「いい意味でこじんまりしていました。2週間でしたが、家族のようになれました。年齢が近いスタッフの方もいて楽しかったです。今でもたまに連絡を取っています」

Q.お気に入りのシーンは。

織田「ボブと隆康のシェービングシーンです。自分のシーンでは、渡辺真起子さんとのシーンは好きです。どこがというよりは全体的に面白く、ジワジワきます(笑)」

Q.普段、リフレッシュはどのようなことをされていますか。

織田「クラッシックバレエをしたり、ゲームをしたり、テレビを見たりしています」

Q.オン・オフの切り替えはどのようなことをされていますか。

織田「現場に入るとあまり意識はしていません。勝手に切り替わるみたいな。取材やトークイベントは素の自分が出てしまいます。緊張しっぱなしです(笑)」

Q.今後挑戦したい役は。

「アクションです。体を動かすのが好きなので強い女性に引かれます。フィジカルな強さもそうですけど、頭の良さ、芯(しん)の強さ、意志の強さですね。周りがネガティブなことを言っても、自分が信じていることは他人の意見に左右されない。芯の強いキャラクターを演じたいです」

撮影協力場所:ベリーベリースープ 原宿神宮前店

(エンタメチーム)