オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • 人間にとっての“芳香”でペットが死ぬ? 「知らなかった」「注意しないと」、識者に聞く

人間にとっての“芳香”でペットが死ぬ? 「知らなかった」「注意しないと」、識者に聞く

ペットへの「香害」が話題です。人間にとっては「いい香り」あるいは「気づかない匂い」であっても、ペットが死に至る危険もあるといいます。

癒しのアロマがペットの「毒」に?
癒しのアロマがペットの「毒」に?

 SNS上で「アロマ(芳香)」が動物に与える影響が話題となっています。「飼っていたオカメインコが、部屋でたいていたアロマが原因で死亡した」などの体験談や「ペットショップに来る時は天然アロマ成分を含む香水をつけてこないでください」という、店員からの警告も。これに対し「知らずに使っていた」「動物カフェや動物園に行く時にも注意しないと」「動物の種類によるのかな」など、さまざまな声が上がっています。

「香り」が動物に与える影響とは、どのようなものでしょうか。オトナンサー編集部では、新著に「動物進化ミステリーファイル」(実業之日本社)がある、どうぶつ科学コミュニケーターの大渕希郷さんに聞きました。

精油は毒になりうる

 まず、SNS上などで注目された「アロマが原因でインコが死亡しうる」という件ですが、これについて大渕さんは「はっきりと因果関係を特定することは難しい」と話します。何が「毒」になりうるかは、アロマの種類とその成分、動物の種類と体調など、さまざまな条件とその組み合わせによって変わるそうです。

 ただ、アロマに使われる「精油(エッセンシャルオイル)」が、動物の体調に悪影響を与える可能性は高いといいます。

「精油は植物が作り出す成分です。植物自身が空気中に拡散させることで、病気や有害昆虫、草食動物から身を守ったり、逆に有用昆虫を呼び寄せたりする役割があります。もともとの役割を考えると、鳥やその他の動物にとって毒になりうる可能性は高いのではないかと思われます」(大渕さん)

 ちなみに、人体に影響はないのでしょうか。

「人間でも、妊娠中の人などに、毒とまでいかなくとも良くない作用を引き起こすことがあるようです。アロマとして利用する程度であれば害はありませんが、それでも高濃度で使用すると体調が悪化することがあります。精油を使用する場合、年齢や状況(妊娠など)によっては注意が必要です。特に、誤飲した場合は死亡する可能性もあります。精油は間違っても飲んではいけません」

 アロマテラピーで人気の高いオイルの一つに「ユーカリ」があります。ユーカリはオーストラリア原産の樹木です。この精油はさわやかな香りが特徴で、リフレッシュや集中力アップなどの心理的効果だけでなく、風邪やインフルエンザの予防、防虫などの効能もあるとされています。

「一部を除くユーカリの精油の主成分は、『1,8-シオネール』、別名『ユーカリプトール』と呼ばれるものです。もともとこの成分は、ユーカリが病原体や虫から身を守るために作り出しているもの。ユーカリ精油に感染病予防や防虫の効能があるのはこのためです」

 ユーカリといえばコアラの食料としても有名ですが……。

「コアラはある意味で、その毒を逆手にとって進化してきた動物といえます。皆さんよくご存じの通り、オーストラリアはコアラ以外にもたくさんの動物が生息する地域です。コアラは、ユーカリの毒素を分解できるように独自の進化を遂げたことで、食料を他の動物と奪い合うことなく暮らせるようになったと考えられています。ちなみに、コアラはおとなしく、あまり動かないイメージがあると思いますが、それは食料のユーカリに栄養があまりないからです」

1 2

大渕希郷(おおぶち・まさと)

どうぶつ科学コミュニケーター

1982年神戸市生まれ。京都大学大学院博士課程動物学専攻、単位取得退学。その後、上野動物園、日本科学未来館勤務、京都大学野生動物研究センター・特定助教を経て、2018年1月に独立。生物にまつわる社会問題を科学分野と市民をつなげて解決に導く「どうぶつ科学コミュニケーター」として活動中。夢は、今までにない科学的な動物園を造ること。特技はトカゲ釣り。著書に「絶滅危機動物」「爬虫類・両生類」(いずれも学研ポケット図鑑)、「絶滅危惧種 救出裁判ファイル」「動物進化ミステリーファイル」(いずれも実業之日本社)など。公式ホームページ(http://www.sky.sannet.ne.jp/masato-oh/)。