オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

既婚男性の1割「妻のことが嫌い」…理由は? 1000人調査で明らかになった“本音”

既婚男性を対象とした「妻が嫌いかどうか」に関する調査結果が発表されました。「妻のことが嫌い」な男性はどのくらいいるのでしょうか。

「妻が嫌いですか?」既婚男性の答えとは…
「妻が嫌いですか?」既婚男性の答えとは…

 婚活・恋活や街コンなどを中心とする男女の出会いメディア「e-venz(イベンツ)」を運営するノマドマーケティング(東京都渋谷区)が、「妻が嫌いかどうか」に関する調査を実施。その結果を発表しました。

「全てが嫌い」との答えも

 調査は2022年12月、全国の30~59歳の既婚男性を対象に、インターネットリサーチで実施。1000人から有効回答を得たものです。

 まず、「妻が嫌いか」について聞いたところ、13%が「嫌い」と回答。「妻のことが嫌い」な既婚男性が1割近くいることが分かりました。

 では、なぜ妻が嫌いなのでしょうか。「嫌い」と回答した134人に理由を聞いてみると、「態度が冷たい(42歳)」「性格が合わない(45歳)」「いつも不機嫌(47歳)」「細かすぎる(55歳)」「自分勝手なところ(57歳)」「ヒステリック(58歳)」といった声が寄せられる結果に。態度・機嫌といった目に見えて嫌なところや、「思いやりがない」などの性格を理由に挙げる人が多いようです。中には、「全てが嫌い」との答えも。

「妻が嫌い」と回答した人に、「妻と別れたいと思うか」を聞いてみると、「別れたい」と答えた人が79%に上り、8割近い割合を占めました。一方、「子どものことは好きか」については、「好き」が74%、「好きではない」が13%でした。妻と別れたいと思いつつも、子どものことを考えると離婚に踏み切れない…そんな男性もいることがうかがえる結果となっています。

(オトナンサー編集部)

【本音】生々しい…「妻が嫌い」な既婚男性134人に聞いた「理由」12個

画像ギャラリー

コメント

6件のコメント

  1. 妻が嫌いアンケートで回答された方の
    年齢的に40〜50代半代の男性の方の回答が
    女性にとっても40代〜50代半は丁度更年期にあたり
    体調が変化する時期でホルモン低下による目に見えない
    得体の知れないストレスや精神的にも不安定と
    戦っている時期と重なるのは気のせいでしょうか?

    20代〜30代半の男性の回答は果たして
    同じような回答になるのでしょうか?
    20代〜30代半の既婚女性なら育児と家事に仕事で
    毎日クタクタの奥様のことを
    見て見ぬで手伝ってくれない旦那様を
    どう労える余裕がどこにありますか?

    元々赤の他人が夫婦になり人生の半分
    も長く一緒に居れば相手の嫌な所が気になってきます。
    そんな嫌な所でも愛おしいと思い
    相手の辛さを思う気持ちがあれば
    こういう回答にはならないと思います。
    旦那様は自分だけがしんどい思いをして我慢していると
    思っているからこのような回答が出るのかと思います。
    何度も浮気されたり若い頃は暴力を振るったケンカも
    しました。けど相手の言動で一喜一憂している時期は
    まだ相手に対して興味があり愛がありますが
    私の場合はかなりの年下パートナーなので
    自分も良い歳になり相手が幸せで楽しい時間を過ごして
    ほしいと思うようになり、相手が誰と何処へ行こうと干渉しない邪魔する事はやめました。
    そうする事でストレスは減り
    気持ちがかなり楽になりました。
    愛情の裏返しは無関心と言いますが。
    私にとっての究極の愛は無関心だと私は最近悟りました。

    • 同意です!
      お隣の奥様と私が同時に転んだ時、私を先に起こしてくれれば、、、。

  2. この理由、そっくりそのまま旦那側にも返せるよね。。笑
    どちらから始まるかは夫婦によるけど、不満に不満が重なり、結局お互い同じ理由で嫌になって行く。。

  3. 妻のことが嫌いの表と文章の%が逆になってる。
    適当に書いた記事やな。

    • かんさいべん 様
      オトナンサー編集部です。
      ご指摘ありがとうございます。修正いたしました。

  4.  逆に 奧さんのことが嫌いじゃない男性が9割ほどいることに驚き な、パートナーイナイ歴=年齢である、アラフォーの私。皆さん、ステキな奥様ばかりなんだろうなぁ・・・
     ずっと 実の兄と一緒に暮らしてますが、兄に これと同じアンケート 取ってみれば ( 妹のことが嫌いですか、と ) どんな結果になるか、気になります。
     興味深い記事でした。ありがとうございました。