オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • エンタメ
  • 阿部純子、主演映画に意気込み「ロシア渡航、楽しみです」

阿部純子、主演映画に意気込み「ロシア渡航、楽しみです」

女優の阿部純子さんが、映画「ソローキンの見た桜」製作発表記者会見に俳優のイッセー尾形さん、井上雅貴監督らと出席しました。

阿部純子さん
阿部純子さん

 女優の阿部純子さんが5月21日、東京・ロシア大使館で行われた映画「ソローキンの見た桜」製作発表記者会見に俳優のイッセー尾形さん、井上雅貴監督らと出席しました。

 同作は日露戦争中、愛媛・松山に設置された「捕虜収容所」を舞台に、日本女性とロシア軍少尉の捕虜とが織りなす愛の物語。阿部さんは、看護女性と現代のTVディレクターの一人二役を務めます。

 阿部さんは「一人二役なので緊張しています。責任重大です」とあいさつ。「ロシアの俳優さんと仕事するのは初めてなのすが、監督に聞いたらガリュチェンコさんは演技派ということで、たくさん学ばせていただきます」と意気込みを語りました。

 劇中の衣装で登場したイッセー尾形さんは「ロシア大使館での製作発表会見と聞いて、スーツよりもこの衣装がいいと思いました」と説明。プロモーションビデオを見て「日本はやはり桜の国だな」と笑顔を見せました。

 井上監督は「優秀な俳優の皆さん、スタッフの皆さんに集まってもらい、6月から撮影を始めます。全力で映画を作っていくので応援してください」と呼びかけました。

 阿部さんは「この作品で初めて、ロシアに渡航するので楽しみです。日本とロシアの絆(きずな)が深まればと思います」と話していました。

 映画「ソローキンの見た桜」は2019年春公開予定。

(エンタメチーム)