オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

“ドキュメント”新番組に懸けるフジテレビ、低迷の流れは変わるか?

今春スタートしたフジテレビの「直撃!シンソウ坂上」「林修のニッポンドリル」などの番組は、コンセプトが「ドキュメント=記録」で共通しています。ドキュメント新番組は同局にとっての救世主となりうるでしょうか。

「直撃!シンソウ坂上」MCの坂上忍さん(Getty Images)
「直撃!シンソウ坂上」MCの坂上忍さん(Getty Images)

 この春、フジテレビが「直撃!シンソウ坂上」「林修のニッポンドリル」「世界!極タウンに住んでみる」「梅沢富美男のズバッと聞きます!」「石橋貴明のたいむとんねる」をスタートさせました。

 これらの新番組は「世界!極タウンに住んでみる」以外、タレントの冠番組であることからわかるように、MCのキャラクターやスキルを生かしたものですが、コンセプトは“ドキュメント=記録”で共通しています。

テレ東の人気と、長年培った下地

「シンソウ坂上」は事件と人物、「林修のニッポンドリル」は日本にまつわるもの、「世界!極タウンに住んでみる」は世界の地域、「梅沢冨美男のズバッと聞きます!」はタレントの人生、「石橋貴明のたいむとんねる」は懐かしのカルチャー。それぞれをドキュメントとして捉えて、じっくり掘り下げるタイプの番組です。

 3月で終了した「とんねるずのみなさんのおかげでした」「めちゃ×2イケてるッ!」のような笑いを作り出し、全面に押し出すタイプの番組とは正反対のベクトルと言っていいでしょう。

 フジテレビは今春の番組改編スローガンに、「変わる、フジ 変える、テレビ」を掲げました。これをバラエティー番組に当てはめると、「笑いを作り出し、全面に押し出すタイプから、ドキュメントを掘り下げるタイプに変えた」のです。

 周知のとおり、近年フジテレビの視聴率は下がり続け、浮上のきっかけをつかめないまま、年月を重ねてきました。そんな苦境の中、テレビ東京の「家、ついて行ってイイですか?」「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」や、NHKの「ドキュメント72時間」「ノーナレ」などのドキュメント系番組が人気を集めていることに着目したとしても不思議ではありません。

 もともとフジテレビは、「ザ・ノンフィクション」「NONFIXS」などの社会派ドキュメンタリーや、「奇跡体験!アンビリバボー」などのドキュメントバラエティーを長期にわたって放送してきました。また、民放各局が力を注ぐ日曜夜に放送されている「ニチファミ!」は、週替わり企画の2時間枠ですが、ほぼ毎週ドキュメント系のテーマが採用されているなど、変化の下地があったのです。

 バラエティー番組以外では、今春に報道番組を「プライムニュース」にブランド統一したことも含め、「局全体が硬派路線を打ち出している」という戦略が見えます。

新番組のMCは全員50代以上

 ただ、気になるのは、前述した新番組のメインターゲットが中高年に偏っていること。MCが、坂上忍さん(50歳)、林修さん(52歳)、梅沢富美雄さん(67歳)、東野幸治さん(50歳)、石橋貴明さん(56歳)と全員50代以上であることが何よりの証拠です。

 笑いの手数が減ったほか、笑いの種類も中高年向けのシンプルなものになったことで、長きにわたってフジテレビのバラエティー番組を楽しんできた人は寂しさを覚えるでしょう。私が話を聞く限り、現場のテレビマンたちも同じ気持ちの人も少なくないのです。

 実際、スタートして1カ月あまりの現在、視聴率が低迷している上に、視聴者やテレビ業界から聞こえる評判も芳しくありません。中でも目につくのは、「どこかで見た企画が多い」という声。その意味では、番組のコンセプトそのものに新しさがない分、「どれだけ質を高められるか」が鍵を握るのではないでしょうか。

「変わる、フジ 変える、テレビ」と掲げてスタートしたわけですから、今後フジテレビのスタッフは全力でドキュメントの質を高めていくでしょう。新たな局のカラーとして視聴者に認知され、支持を受けられるか。まずはこの1年間が勝負になりそうです。

(コラムニスト、テレビ解説者 木村隆志)

木村隆志(きむら・たかし)

コラムニスト、テレビ解説者

雑誌やウェブに月間20本強のコラムを提供するほか、「週刊フジテレビ批評」などに出演し、各局のスタッフに情報提供も行っている。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもあり、新番組と連ドラはすべて視聴するなど1日のテレビ視聴は20時間超(同時含む)。著書に「トップ・インタビュアーの『聴き技』84」「話しかけなくていい!会話術」など。

コメント