オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • 顔から転ぶ、靴ひもが結べない…子どもが“運動オンチ”に育つ家庭にありがちなNG習慣とは?

顔から転ぶ、靴ひもが結べない…子どもが“運動オンチ”に育つ家庭にありがちなNG習慣とは?

文部科学省によると、昭和60年ごろから現在まで子どもの運動能力は低下傾向。体をうまく使えず、体力もない子どもが増えているようです。子どもの運動能力を育むために家庭でできること、そしてNG習慣とは何でしょうか。

子どもの運動能力を育むために家庭でできることは?
子どもの運動能力を育むために家庭でできることは?

 文部科学省が昭和39年から毎年行っている「体力・運動能力調査」によると、昭和60年ごろから現在まで15年以上にわたり、子どもの運動能力の低下傾向が続いています。同調査によると、靴のひもを結べない、スキップができないなど、自分の体を上手にコントロールできず、体力もない子どもが増えていることが明らかになっています。

 子どもの運動能力を育むために、家庭ではどのようなことに気をつけるべきなのでしょうか。オトナンサー編集部では、著書に「12歳までの最強トレーニング」(実業之日本社)がある、スポーツトレーナーの谷けいじさんに聞きました。

12歳までの時期がカギを握る

Q.そもそも、運動能力とは何でしょうか。身体能力との違いは何ですか。

谷さん「身体能力とは骨格や筋肉など、その人自身がそもそも持っている強さのことです。一方、運動能力とは、簡単に言うと『スキル』のこと。運動能力の高い/低いは、スキルのある/なしと言い換えてもいいでしょう。

サッカーや野球も、やり方を習って、何度も練習をしてやっと上手にプレイできるようになりますよね。それと同じで、運動能力とは『反復練習して得られる技術』のことをいいます。身体能力を大きく変えることは難しいですが、運動能力は日ごろのトレーニング次第で、伸ばすことも、衰えさせることもできるものなのです」

Q.トレーナーとして子どもと接する中で、運動能力の低下を実感されることはありますか。

谷さん「スポーツのうまい/下手以前に、日常生活に必要な基本的な運動能力が育っていないお子さんが増えていると感じます。何でもないところで転んでしまったり、転んだ際にとっさに手が出なくて顔をけがをしてしまったり……そんな子どもが一人や二人ではありません。子どもの運動能力低下は、安全な日常生活とすこやかな未来を脅かしうる問題です」

Q.運動能力を育むために、大切なことは何ですか。

谷さん「1928年に米医学者スキャモンが発表した『スキャモンの発達曲線』によると、人間の運動能力に大きく関わる神経系の成長は、生まれてから5歳ごろまでで80%に達します。そして、12歳でほぼ完成に至ります。『ゴールデンエイジ』と呼ばれる9~12歳の年代は、運動能力が飛躍的に向上する時期。5~8歳は『プレゴールデンエイジ』と呼ばれ、基本的な運動動作が身につく時期です。プレを含めたゴールデンエイジ期間は、一生に一度しかありません。つまり、12歳までに、脳でイメージした動きを体で表現できるようにしておくことがとても重要なのです」

Q.そのために、家庭でできることは何でしょうか。

谷さん「子どもの頃はいろいろな動きを体験することが大切です。安全に配慮することはもちろん大切ですが、少し高いところから飛び降りてみたり、横にゴロゴロ転がってみたり、でんぐり返しをしてみたり……非日常の動きをできるだけたくさん体験することで、運動能力のベースとなる身体機能が育ちます。

特に重要なのが、物の位置や形などを把握する『定位能力』(空間認識能力)です。子どものうちにこの力がきちんと養われないと、将来スポーツ全般の能力が伸びにくくなります。それだけでなく、たとえば道路を走っている車や自転車と自分の距離がつかめずに事故に遭いやすくなるなど、危険回避能力が育まれにくいという恐れがあります。定位能力を育む代表的な遊びが鬼ごっこです。鬼につかまらないように逃げたり、障害物を避けながら走ったりすることで、必要な能力が自然と身につきます。

子どもの『遊び』には、こうした重要な役割があることを理解して、親子で一緒に遊んだり、楽しみながら体を動かす時間を意識的作ったりすることが大切です」

1 2 3

谷けいじ(たに・けいじ)

パーソナルトレーナー

1986年生まれ。福岡大学スポーツ科学部卒。株式会社「ライフチアーズ」代表。パーソナルトレーニングジム「レブルス」代表。大学卒業後、イチロー選手や三浦知良選手のトレーナーとして有名なオリンピックトレーナーの元に半年間住み込み、技術を磨く。トレーニング現場で4年間経験を積んだ後、病院のリハビリテーション、介護施設に活動の場を移し、要介護認定を受けている方のリハビリを担当、現在に至る。これまで2歳から105歳まで、Jリーガー、競輪選手、プロゴルファーなどのトップアスリートから1部上場企業のビジネスエリート層、さらには寝たきりの高齢者まで、マンツーマントレーニングを中心に2000人以上のトレーニング指導に従事している。