オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • コーヒー代「400円でいいです」 お見合いで“40円”おごって見限られた51歳男性の哀れ

コーヒー代「400円でいいです」 お見合いで“40円”おごって見限られた51歳男性の哀れ

せっかく条件が合ってデートにこぎつけても、コーヒー1杯をケチったために、女性から見限られる男性たち。婚活市場で、「おごる」ことのできない男性への評価は厳しいようです。一方、「おごられる自分」を重視しすぎる女性にも問題があるようで…。

“おごらない”男性への評価は低い?
“おごらない”男性への評価は低い?

「今日の男性は、お断りでお願いします」

 お見合いを終えた女性会員(44歳)から、メールが入ってきました。午後2時からのお見合いで、メールが入ってきたのが午後3時15分。ということは、お見合いを1時間したとして、別れてすぐのお断り。一体何があったのか、電話で理由を聞いてみました。すると、彼女は憤慨したように言いました。

「お見合いが終わって、『あの、お支払いは?』とお聞きしたら、『400円でいいです』って言われました。コーヒーは440円だったので、40円のコーヒーをごちそうになりました!」

 お見合いにおいては、お茶代は男性が支払うという暗黙のルールがあります。また、お見合いは有名ホテルのティールームですることが多く、コーヒーは1杯1500円前後。今回はたまたま、お会いする駅の近くに大きなホテルがなかったために、『コロラド』という喫茶チェーン店でのお見合いとなりました。

 女性は、これまで10回を超えるお見合いの経験者で、ホテルの高いコーヒーを男性からごちそうになっていました。「440円も払えない。なんてセコい男」と思ってしまったのでしょう。ただこのケース、お相手は初めてのお見合いだったようで、「お茶代は男性持ち」であることを知らなかったのです。440円のところを400円だけもらったのも、十分な気遣いだったのかもしれません。

 ただ、51歳の男性なので、そこはやっぱり気前よく支払ってほしかった(笑)

ホテルのラウンジからスタバに移動した理由

 別の36歳女性のこんなケースもありました。お相手の男性は、41歳。

 有名ホテルのティーラウンジでのお見合いでした。待ち合わせ時間に女性が行くと、ティーラウンジの入り口から少し離れたところに、男性が立っていました。彼女に気づいた彼が、言いました。

「吉田さん(仮名)ですよね。初めまして、豊川(仮名)です。お見合い場所を変えてもいいですか」

 ティーラウンジが混んでいるならいざ知らず、空いている席がチラホラありました。「待たずに入れるのに、なぜ場所を変えるの」と思いましたが、「いいですよ」と答え、ホテルから出る男性の後について行きました。と、彼は、駅に向かって歩きながら、こんなことを言いました。

「コーヒー1杯に1500円払う人の気が知れない。バカらしいですよね」

 その言葉に、女性は気持ちがドン引き。そして、連れていかれたのは駅の近くのスターバックスでした。彼は、コーヒーを自分の分だけ買うと、「席を取っておきます」と言って、窓側の空席に着席しました。彼女は、自分の飲み物を買いながら、「ありえないっ。お見合いを一刻も早く切り上げて帰ろう」と、まだ始まってもいないうちから思ったというのです。

1 2

鎌田れい(かまた・れい)

仲人・ライター

雑誌や書籍のライターとして活動。得意分野は、恋愛、婚活、芸能、ドキュメントなど。タレントの写真集や単行本の企画構成も手がけてきた。あるカリスマ仲人を取材したことをきっかけに「ご縁を結ぶ仕事」に興味を持ち、現在は結婚ナビゲーターとしても活動中。婚活のためのレクチャーやイベントも多数開催する。プライベートでは、婚活パーティーで知り合った夫と結婚し、双子の母。自らのお見合い経験を生かして結婚相談所を主宰する仲人でもある。あいかつハウス公式サイト(http://aikatsuhouse.grupo.jp)。