オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

年賀状で「新年あけましておめでとうございます」はNG? 気を付けたいポイント、マナーコンサルタントに聞いた

年賀状を書く際に気を付けるべきことが幾つかあるようです。マナーコンサルタントに聞きました。

年賀状の「NG」って?
年賀状の「NG」って?

 2023年用の年賀状の準備を始める人も多くなる時期ですが、書く際に気を付けるべきことが幾つかあるようです。「これはNG」「できれば避けたい」といったことについて、一般社団法人「マナー&プロトコル・日本伝統文化普及協会」(東京都港区)代表理事でマナーコンサルタントの西出ひろ子さんに聞きました。

「忌み言葉」に注意

Q.あいさつ文で「新年あけましておめでとうございます」と書くのは、問題がありますか。

西出さん「はい。問題があります。『あけまして』の『あける』には『新年になる』の意味があります。よって、『新年あけまして』と書くと二重に書いてしまうことになります。書くときは、『新年おめでとうございます』もしくは『あけましておめでとうございます』と書きましょう」

Q.目上の人に「賀正」「迎春」は使ってもいいのでしょうか。

西出さん「使ってはいけない、ということはありませんが、目上の人には『謹賀新年』や『恭賀新年』と書く方が、敬いの気持ちが伝わります。最も丁寧なのは、『謹んで新春のお祝いを申し上げます』などと文章で書くことです」

Q.前年にお世話になったことを書く際、「去年」と書いてもいいですか。

西出さん「書かない方がいいですね。『去る』は忌み言葉の一つと言われています。『忌み言葉』とは、不幸や縁起の悪いことを連想させてしまう言葉です。『去る』から、関係が離れる、別れるという意味を連想する人もいらっしゃいます。書くときには、『旧年』『昨年』と書きましょう」

Q.ボールペンを使ってもいいのでしょうか。

西出さん「使ってはいけないということはありませんが、一般的にボールペンは事務などの仕事時に使用するイメージがあります。可能であれば、筆や筆ペンで書くことをお勧めします。最近は、サインペンのような感じで扱いやすく、書きやすい筆ペンもあります。年賀状を書くために筆記用具にも気を遣ったということが、相手さまにも伝わるでしょう」

Q.そのほか、「これはやめましょう」ということがあれば、教えてください。

西出さん「『元旦』は、1月1日の朝を意味する言葉です。よって、『一月元旦』と書かないようにしましょう。書くときには、『令和○年 元旦』と書きます。

新年を祝う賀状ですので、先述の通り、『忌み言葉』は書かないように気を付けましょう。例えば、『終わる、切れる、崩れる、落ちる、枯れる、苦しむ、壊れる』などです。また、『別、病、消、流、倒』などの漢字も、年賀状にはふさわしくないとされていますので、使わないように配慮しましょう」

(オトナンサー編集部)

【かわいい】2023年のえと、ウサギの置物

画像ギャラリー

西出ひろ子(にしで・ひろこ)

マナーコンサルタント、マナー解説者、美道家

ヒロコマナーグループ代表。一般社団法人「マナー&プロトコル・日本伝統文化普及協会」代表理事。大妻女子大学卒業後、国会議員などの秘書職を経て、マナー講師として独立。マナーの本場英国へ。オックスフォードにて、オックスフォード大学大学院遺伝子学研究者のビジネスパートナーと2000年に起業し、お互いをプラスに導くマナー論を確立させる。帰国後、名だたる企業300社以上にマナーコンサルティングなどを行い、他に類を見ない唯一無二の指導と称賛される。その実績はテレビや新聞、雑誌などで「マナー界のカリスマ」として多数紹介。「マナーの賢人」として「ソロモン流」(テレビ東京)などのドキュメンタリー番組でも報道された。NHK大河ドラマ「龍馬伝」をはじめ、NHKドラマ「岸辺露伴は動かない 富豪村」、映画「るろうに剣心 伝説の最期編」などのドラマや映画、CMのマナー指導・監修者としても活躍中。著書は28万部突破の「お仕事のマナーとコツ」(学研プラス)など監修含め国内外で100冊以上。「10歳までに身につけたい 一生困らない子どものマナー」(青春出版社)など子どものマナーから、ビジネスマナー、テーブルマナーなどマナーのすべてに精通。ヒロコマナーグループ(http://www.hirokomanner-group.com)。
※「TPPPO」「先手必笑」「マナーコミュニケーション」「真心マナー」は西出博子の登録商標です。

コメント