オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • ネット上の“クソリプ”をスルーする方法が「仕事に役立ちそう」と話題に、専門家に聞く

ネット上の“クソリプ”をスルーする方法が「仕事に役立ちそう」と話題に、専門家に聞く

ネット上のコミュニケーションで遭遇しがちな「クソリプ」。誰でも一度は、クソリプに不快な思いをしたことがあるはずです。ネット上にあふれるクソリプを上手にスルーする方法を心理カウンセラーに聞きました。

いわゆる「クソリプ」から心を守る方法とは?
いわゆる「クソリプ」から心を守る方法とは?

 インターネット上で不特定多数の人とコミュニケーションを取っていると、時に自分の期待と異なる返答にイラっとしたり、罵詈雑言や誹謗中傷に触れて落ち込んだりすることがあります。

 こうした、いわゆる「クソリプ(クソなリプライ)」に対する向き合い方について先日、SNS上などで話題になりました。自分にとって見るに堪えない投稿に触れて怒りのまま返信したり、相手をあおるような反論をしたりすることで、炎上などのトラブルを招いてしまうケースがありますが、相手の投稿の最後に「~とあなたは思うのですね」「~ということにしたいのですね」と“心の中”で付け加えることでいら立ちが抑えられ、スルーできるようになるといいます。

 この方法について「プロの心理カウンセリングの理論にも共通する」「仕事や日常生活にも役立ちそう」「スルースキル大事」などさまざまな意見が寄せられていますが、実際はどうなのでしょうか。心理カウンセラーの小松原幸恵さんに聞きました。

リアルに受け止めすぎるから、傷つく

Q.語尾に「~とあなたは思うのですね」などを付け加えることで、「気にならなくなる」「腹が立たなくなる」といった効果が報告されているようです。

小松原さん「今回のケースはNLP(神経言語プログラミング)の『アソシエイトとディソシエイト』の切り替えを行っているという説明がわかりやすいと思います。アソシエイトは自分自身の視点から、ディソシエイトは相手の視点から物事を捉えることを指します。罵詈雑言や誹謗中傷に触れて落ち込みやすい人は、自分自身の視点から物事を見て『自分が言われているように感じる』『自分が傷つけられているように感じる』のです。

しかし『~とあなたは思うのですね』などを付け加える行為によって、いったん自分の視点から脱却し、第三者の視点から物事を見つめることができます。そうすると、いわゆるクソリプと自分との間に距離を置くことができ、結果的にいら立ちが抑えられたり、上手にスルーできたりする効果があります」

Q.同様の使い方ができるワードはありますか。

小松原さん「罵詈雑言や誹謗中傷で傷つきやすい人は、よくも悪くも共感力が高く何でも『自分のこと』としてリアルに受け止めてしまう特徴があります。そのため『自分とその物事の間に距離を置くことができる』ワードであれば、どのような言葉でもショックを受けにくくなる効果が期待できるでしょう。例としては、以下の3種類があります」

(1)距離を置く

「~という人がいるのですね」「~と言っている人がいたそうだよ」

(2)意味のない文字列のように捉える

「(携帯やパソコンの)画面の中で○○○という文字が見える」「~という鳴き声の犬がいる」

(3)第三の視点から捉える(視覚的なイメージ力の高い人に効果的) 

「文字と自分の間には頑丈な壁があり、私は文字で傷つけられることはない」「自分という視点から脱却し『パソコンの画面』と『自分』を天井から眺めている」

1 2

小松原幸恵(こまつばら・ゆきえ)

心理カウンセラー(ヒプノセラピスト)

米国催眠療法協会(ABH)認定ヒプノセラピスト、国際催眠連盟(IHF)認定ヒプノセラピスト、国際セラピートレーニング協会(ITTO)認定ヒプノセラピスト。ワイスインスティテュート(米国)前世療法プロフェッショナルトレーニング修了。日本レイキセラピスト教会認定レイキティーチャー。「Efficacy Japan」認定夢実現化コーチ。高倍率を勝ち抜いて公務員になるも、人生の方向性への迷いからヒプノセラピーによる心理カウンセリングを受け「人生は自分で切り開いていくもの」というメッセージを潜在意識から受け取り、人生を見つめ直す。心理カンセラー(ヒプノセラピスト)として活躍中。2013年に第1子を出産。リラクゼーションで痛みのない出産ができることを自ら実証し、その経験を元に「ココロと体の自由」を主軸にした「幸せ出産学」「ヒプノ出産学」のセミナーを開催し「子供がいることでさらに自由が拡大していくママ」の育成を目指している。和気あいあいとした雰囲気でクライアントの気持ちに寄り添ったセミナーは強い支持を得る。