オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

嫉妬を向けられ…DINKsは「ずるい」? 40〜50代当事者が語る“リアル”

検索窓に出ることのある「DINKs ずるい」というワード。なぜ、そう考える人たちがいるのでしょうか。実際の「DINKs」夫婦に話を聞いた筆者が考えます。

DINKsに対して“嫉妬”する人も…
DINKsに対して“嫉妬”する人も…

 Googleの検索窓に「DINKs(ディンクス)」と入れると、「ずるい」や「うらやましい」といった検索候補のキーワードが出てくることがあります。なぜDINKsに対して、そんなねたみの気持ちを持ってしまうのか。考えてみましょう。

日本のDINKsの割合は…

「DINKs」の定義について改めてお伝えします。DINKsは「Double Income(共働き)No Kids(子どもを持たない)」の頭文字を取った言葉で、意味の通り、「子どもを持たない共働き夫婦」のことを指します。はたから見れば、「子どもがいないので稼いだお金は全て自分たちで使える。裕福で時間的な制約もなく、自由でうらやましい」となるのでしょうか。

 日本の夫婦共働きの世帯中、子どもがいないDINKsの割合は、2015年の総務省統計局の調査を基に割り出すと約3割です。3分の1近くがDINKsとなるわけですが、当然ながら一組ずつ状況や実態は異なります。

DINKs夫婦、それぞれの思い

 私の知る40代、50代のDINKsご夫婦のほとんどは、妊活を経験しています。つまり、「子どもを持たない」と主体的に決めてDINKsになったわけではなく、「子どもは欲しかったが、残念ながら授からなかった」というケースがあることを想像すると、「ずるい」という言葉は少なくなると信じます。

 男女雇用機会均等法が1985年に制定され、今50代の女性たちは、女性が思い切り仕事をすることができるようになった時代の先駆けです。仕事にまい進し、気が付けば30代後半。子どもをつくろうとしたら生理不順で妊娠しづらい体になっていた、という声をたくさん聞きます。妊活という言葉も一般的ではなかった時代で、不妊治療のために会社を休んで病院に通うのもはばかられるような状況でした。

 つらい思いや経験の上に子どもを諦めて、DINKsとして自分の人生を豊かなものにしようと努力している、そんなご夫婦もたくさんおられます。

 佳子さん(56才、仮名)は、「夫は小さい子どもが苦手で、私も特に好きではないのでつくりませんでした。友人の子どもたちが大学生や社会人になっていて、彼らと会ったり話したりすると今になって、『ああ、こんな息子がいたらいいな』って思っちゃうこともあるんです。後悔とも違うけど、自分がもう絶対に持つことのできないわが子への憧れっていうか。次に生まれ変わったら子どもを産みたいですね」と。

 果歩さん(42才、同)は言います。

「34才で結婚して、すぐに子どもが欲しかったんですが、できなくて。妊活を続けていました。どんどんハードな妊活レベルになって、心も体もしんどくなって40歳で諦めることにしました。お金もかかりますし。

夫は子どもが大好きで、友人の子どもが来るとすごくうれしそうに一緒に遊ぶんです。そんな姿を見ていると申し訳ない気持ちになっていました。今は随分、割り切れるようになったけど。もうこの先、2人だけなんだからたくさん楽しもうって思っています。自分の人生を後悔一色で塗りつぶしたくないですから」

 久美さん(57才、同)は「大手企業に就職して、第一線で働き続けることを目標に、がむしゃらに頑張りました。ずっとひどい生理痛があったんですが、36歳のときに、子宮筋腫がひどくなって切除しなきゃいけなくなったんです。ショックでした。もう子どもは持てないんだって。どん底でしたね。仕事を頑張った自分のことを認められない時期があって、それがすごくつらかったです。自分の人生を否定することですから。

今は、夫と2人で、日々の暮らしを楽しんでいます。でも、こうなるには本当に時間がかかりました。話し合いを何度もして。離婚しようって言ったこともありました。そこは思い出したくないかな」

 DINKsというくくりでレッテルを貼り、一方的にうらやましがったり、ねたんだりすることには何の意味もありません。隣の芝生は青く見えるもので、100%幸せな人生なんてあり得ないのではないでしょうか。DINKsで、夫が浮気に走る、妻が借金を背負う…といった相談もレアではありません。

 DINKsご夫婦への嫉妬やねたみの気持ちが生まれたとき、なぜ自分がそう思うのか、自分自身に問い掛けてみてください。子ども持ち夫婦と子どもなし夫婦の価値観は、天と地ほどの違いがあると思います。

(「恋人・夫婦仲相談所」所長 三松真由美)

1 2

三松真由美(みまつ・まゆみ)

恋人・夫婦仲相談所 所長(すずね所長)・執筆家

夫婦仲・恋仲に悩む女性会員1万3000名を集め、「結婚・再婚」を真剣に考えるコミュニティーを展開。セックスレス・ED・女性の性機能に詳しく、性を通して男女関係をよくするメソッドを考案。20代若者サークルも運営し、未婚世代への結婚アドバイスも好評を呼ぶ。恋愛・夫婦仲コメンテーターとしても活躍中。また、フェムテックの分野で女性を支援する企業「Glad」を創業し、新しいサービスを手掛けている。著書は「夫婦の『幸せ循環』を呼ぶ秘訣」(講談社)「モンスターワイフ」(同)「40歳からの女性ホルモンを操る53の習慣」(扶桑社)「堂々再婚」(wave出版)など多数。コミック「『君とはもうできない』と言われまして」(KADOKAWA)の監修も手掛ける。恋人・夫婦仲相談所(http://fufunaka.com/)、公式LINEアカウント(https://lin.ee/oTQa13s)、公式note(https://note.com/suzune_16)、Glad(https://www.glad.tech)。

コメント