オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • エンタメ
  • 荒井敦史、ロードレースは「終わりがない旅の奥深さ」 映画「神さまの轍」主演

荒井敦史、ロードレースは「終わりがない旅の奥深さ」 映画「神さまの轍」主演

BS-TBS「水戸黄門」の格さん役などで知られる荒井敦史さんが、3月17日公開の映画「神さまの轍-Checkpoint of the life-」に主演します。ロードレースをめぐる物語ですが、その撮影エピソードなどを聞きました。

荒井敦史さん

 BS-TBS「水戸黄門」の格さん役や映画・舞台「真田十勇士」などで活躍中の俳優・荒井敦史さんが主演する映画「神さまの轍-Checkpoint of the life-」が3月17日から公開されます(京都、神戸、大阪は公開中)。同作は、プロのロードレーサーとして生きることを決めた勇利(荒井さん)とロードバイクをやめた洋介(岡山天音さん)が久しぶりに再会。夢に挫折した勇利と、夢を見つけることができなかった洋介が京都府井手町が舞台の「ツールド・KYOTO・2019」に参加することになり……という青春映画です。

 オトナンサー編集部ではこのほど、ロードレースの魅力や京都での撮影、今回挑戦したことなどについて、荒井さんに聞きました。

終わりはあるけど終わりがない旅

Q.「神様さまの轍-Checkpoint of the life-」はどんな物語でしょうか。

荒井さん(以下、敬称略)「誰もがぶつかる人生の壁をロードバイクを通して描いた作品です。レースが人生とリンクしているように感じられる作品になっています」

Q.荒井さん演じた荒井勇利はどんな人物ですか。

荒井「天才肌で中学時代から観点がズレていて、自分の世界を持っている人間です。自転車をもらい、乗ることが楽しくなって、ハマリにハマってプロになってしまった人です。人としては変わっているというか確固たる信念もあり、人からは共感されないけど、結果を残しているので周りも何も言えないみたいな。壁にぶつかって落ちるところまで落ち、でも頑張って立ち直ろうというキャラクターです」

Q.荒井さんと共通するところはありますか。

荒井「悩みを口に出さないところや、器用貧乏なところです。勇利も器用貧乏なのかなと思います。友達がずっとサッカーをやっていて、プロのユースになるのを見て、僕はプロサッカー選手になれないと挫折したりもしました。そういう意味で勇利に近いんですが、見ている景色としては洋介にも近いです。勇利を演じていますが、洋介にも共感します。何かを諦めて社会人として生きていかなければいけないみたいな。勇利は好きなことを仕事にできてうまく行ってたけど挫折します。両方の視点を持っていて、どちらにも共感できるんですよね。それは僕だけじゃなくて、置き換えてみると、見た人みんな思い当たることがあると思います」

Q.ロードバイクの経験があると伺っていますが、最初に乗られたのはいつでしょうか。

荒井「19~20歳くらいの頃です。でもレースに使うような、ペダルと専用の靴で固定するタイプではありませんでした。いわゆる街乗りタイプです。ペダルにかける専用靴は実際に乗ってみると街乗りタイプとは全然違いました」

Q.普通の自転車と乗り方はどのように違うのでしょうか。

荒井「下り坂で前輪のブレーキをかけると飛ばされてしまいます。また、ペダルと足がくっついているので足もなかなか降ろせません。なるべくブレーキをかけないとか撮影している当時は気をつけていたんですが、1年半たってだいぶ忘れました。車体を振りながら走るダンシングも人によって癖が違います。ずっと一緒に練習してきたのに、僕と天音は全然違うスタイルで乗っています。ちなみに、生えている毛ですら風の抵抗を受けるのでそったりする人もいます」

Q.ロードレーサーの魅力はどんなところでしょうか。

荒井「趣味の延長でやっている方も多いじゃないですか。本当に競技としてやっている方も多いし。僕がやってて思ったのが、坂のてっぺんまで、次は標識まで、みたいにゴール地点を決めて走り、己との戦いみたいになっていました。次はここまで頑張って登るみたいな、ある意味『M』というか自分を奮い立たせて1位を目指すみたいな。でも順位の前に坂などが来て、果てしなく終わらない気もするし、乗り越えたら終わるしみたいな。終わりはあるけど、終わりがない旅みたいな奥深さがあるのではと思いました」

1 2