オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • エンタメ
  • 唐沢寿明、TBSドラマで12年ぶりの「医師」に! がん完全寛解の謎に挑む

唐沢寿明、TBSドラマで12年ぶりの「医師」に! がん完全寛解の謎に挑む

唐沢寿明さんが、4月2日放送のTBSドラマ特別企画「がん消滅の罠~完全寛解の謎~」で12年ぶりに「医師」を演じます。

(左から)及川光博さん、唐沢寿明さん、渡部篤郎さん(C)TBS

 唐沢寿明さんが、4月2日放送のTBSドラマ特別企画「がん消滅の罠~完全寛解の謎~」(後8:00~11:07)で12年ぶりに「医師」を演じることが分かりました。唐沢さんは「本当にストーリーが面白いので、役に身を任せて演じようと思っています」とコメントを寄せています。

 同作は、第15回「このミステリーがすごい!」で大賞を受賞した、岩木一麻さんの同名小説をドラマ化。日本最高峰のがん医療を誇る日本がんセンターの呼吸器内科医・夏目典明(唐沢さん)が、自らが余命宣告をした末期がん患者が次々と完全寛解する謎に直面し、窮地に立たされながらも真相を解明しようとする医療ミステリーです。

 夏目の高校時代からの同級生で、日本がんセンターで研究医として働く羽島悠馬役には、今回が唐沢さんと初共演の渡部篤郎さん。羽鳥は、思いもよらぬ角度から医療の謎に切り込む天才肌で夏目とともに完全寛解の謎に挑みます。

 また、夏目の高校時代からの同級生で、保険会社に勤務する森川雄一役に及川光博さん、夏目の妻でフリーの雑誌記者・夏目紗季役に麻生久美子さん、夏目の診察を受ける患者・榊原一成役に吉田鋼太郎さん、完全寛解の謎に何らかの関連を持つ、湾岸医療センターの医師・宇垣玲奈役にりょうさん、夏目の学生時代の担当教授だった医師・西條征士郎役に北大路欣也さんが決定しました。

 唐沢さんは「ドラマ作品での医者役は3度目になりますが、今回演じる夏目典明は、スーパードクターではなく“普通”の医者。原作では、いろんなことに巻き込まれ、翻弄されてしまう、どこか主人公っぽくない役どころでした。ドラマでは、原作の世界観は生かしながらも、よりドラマチックな脚本になっています」とコメント。

 見どころについては「『なぜ、がんは消滅したのか』というところ。原作を読んだ本職の医者でも翻弄されてしまったというくらいの『謎』を解明していく過程は、この作品の一番の肝になっていると思います」とし「医療が進化し、がんが治せる時代になった今、このリアルとフィクションの狭間のような作品は僕が一視聴者であっても非常に興味深いテーマです。本当にストーリーが面白いので、役に身を任せて演じようと思っています」と意気込んでいます。

(オトナンサー編集部)

1 2