オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • 飲酒前に“飲むヨーグルト”を飲むと酔いが格段に遅くなる…投稿話題に、栄養士に聞く

飲酒前に“飲むヨーグルト”を飲むと酔いが格段に遅くなる…投稿話題に、栄養士に聞く

飲酒前に「飲むヨーグルト」を飲むと酔いの回りが遅くなるという趣旨の投稿が話題に。SNS上には「知らなかった」と驚く声がたくさん上がっていますが、実際に効果はあるのでしょうか。

ヨーグルトには酔いを遅らせる効果?

 SNS上で先日、お酒による酔いの回りを遅らせる方法が話題となりました。投稿によるとその方法は「(酒を)飲む前に飲むヨーグルトを胃に入れる」というもので、「酔いの回りが格段に遅くなる」そうです。これに対し「知らなかった」「ヨーグルトにそんな効果あるのか」「食べるヨーグルトじゃダメですか」などさまざまな声が上がっています。ヨーグルトを飲むと実際にそうした効果があるのでしょうか。管理栄養士の川村郁子さんに聞きました。

アルコール分解に必要なタンパク質も

Q.飲酒前にヨーグルトを飲むと酔いの回りが遅くなるのは本当ですか。

川村さん「間違ってはいないかと思います。アルコールのみの場合は胃や腸ですぐに吸収されますが、飲むヨーグルトには乳脂肪(脂質)が含まれているため、空腹状態でアルコールを摂取するよりも消化が緩やかになります。また、一般的なヨーグルトには、アルコールを分解する時に必要な栄養素の一つであるタンパク質や、アルコールの分解を助けるビタミンB1も含まれています。ヨーグルトでこれらの栄養素が摂取できることも、酔いの回りが遅くなる理由の一つだと考えられます」

Q.ヨーグルトを飲むタイミングや量について教えてください。また、食べるタイプのものやほかの乳製品でも同様の効果がありますか。

川村さん「飲むタイミングは飲酒する30分前~直前くらいがよいでしょう。飲む量は100~200cc(コップ1杯分)程度が適量です。食べるタイプのヨーグルトでも、同様の効果は期待できますが、飲むヨーグルトの方が簡単に取り入れやすいというメリットがあるかと思います。牛乳などほかの乳製品でも『乳脂肪ゼロ』のものでなければ同様の効果が期待できるでしょう。ただし、飲むヨーグルトは多くの砂糖が含まれているため、飲み過ぎによるカロリーオーバーに注意しましょう。また、ヨーグルトには脂質も多く含まれる上、飲みの席では唐揚げなど脂質の多いメニューも多いので、脂質の取り過ぎに注意してください。『ヨーグルトさえ飲んでいれば酔わない』というわけではありません。『空腹時にお酒を飲むよりかは少しマシ』程度に認識してほしいと思います」

Q.乳製品以外で、飲酒前に摂取することで酔いの回りを遅らせることができる食べ物などはありますか。

川村さん「オススメは『もずく』や『めかぶ』です。これらの海藻類にはフコイダンという成分が含まれており、アルコールの分解を助けると言われています。また、おつまみも生野菜や、タンパク質を含む枝豆、豆腐、卵、肉などを選び、水も多く飲むなど工夫しながら肝臓の負担を減らしていくとよいでしょう。飲むヨーグルトだけに頼らず、お酒を飲む前や飲んでいる最中のおつまみなども工夫してお酒を上手に楽しみましょう」

(オトナンサー編集部)

川村郁子(かわむら・いくこ)

管理栄養士、元気ごはん研究家

福岡県出身。自身が太っていたことからダイエットに興味を持ち管理栄養士の道へ。病院管理栄養士を経験した後、2012年に独立。服部栄養専門学校講師、発酵食の研究、飲食店のメニュー監修、ラジオパーソナリティーなどを行いながら、忙しい現代人向けの「カンタンにできる元気ご飯」を提案している。メディアには、自身の名前を一部使った“食育子(しょくいくこ)”として出演。公式ブログ(http://shokuikuko.net/)。

コメント