オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

口八丁な夫の「謝罪」に欺かれ離婚…39歳女性の“勘違い”に学ぶ「夫婦の謝罪力」の重要性

家庭の外に、自分の世界や楽しみを持つ夫でいいのか

 ゲンナイ製薬(東京都中央区)が2018年11月、10~50代の既婚女性2172人と、既婚男性85人を対象に「夫婦げんかに関するアンケート」を行いました。これによると、けんかをして仲直りするときに「どちらから仲直りすることが多いか」という問いに対し、「自分」と答えたのは夫が43.5%、妻が16.5%という結果で、圧倒的に夫が先に仲直りを持ちだしていることが分かります。そして、その方法は「謝る」が60%と断トツだったのです。

 私は、「妻が怒っていると面倒くさいから謝るんです。家事もしなくなるし。子どもにもこっちの悪口を言うし。上司やクライアントだと思えば慣れたもんです」といった趣旨の発言を夫の皆さんがするのを多く聞いています。そして、そういった夫たちは、家庭の外にしっかりと自分の世界、楽しみを持っているものです。

「うちの夫は甲斐性がないから」「うちの夫はモテないから」「うちの夫は真面目だから」。先述の沙織さんのように、そんなことを言っていた妻が夫に浮気をされ、途方に暮れている姿を何人見てきたことでしょう。「(夫が)謝ってくれるからいいや。私の勝ち」と軽く考えるのではなく、なぜ相手が謝る流れになったか、自分が謝ることは本当にないのかと一歩踏み込んでみてください。誠意が感じられない謝り方に気付いているのに、それを放置するのは、夫婦間のほころびの原因になります。

 夫婦は、生活を共にする大切なパートナーです。日常を過ごす相手だからこそ、理解する努力をし続けなければならないと思います。けんかをしたとき、あなたが怒っているとき、パートナーはあなたの気持ちを理解した上で謝っていると思いますか。その場しのぎではないか、口先だけではないか、と観察してみてください。

 もしも、その場しのぎの謝り方だとしたら――。決定的なすれ違いが起きる前に、仲直りの方法を生み出しておいてください。今のうちに早めの対処です。

(「恋人・夫婦仲相談所」所長 三松真由美)

1 2 3

三松真由美(みまつ・まゆみ)

恋人・夫婦仲相談所 所長(すずね所長)・執筆家

夫婦仲・恋仲に悩む女性会員1万3000名を集め、「結婚・再婚」を真剣に考えるコミュニティーを展開。セックスレス・ED・女性の性機能に詳しく、性を通して男女関係をよくするメソッドを考案。20代若者サークルも運営し、未婚世代への結婚アドバイスも好評を呼ぶ。恋愛・夫婦仲コメンテーターとしても活躍中。また、フェムテックの分野で女性を支援する企業「Glad」を創業し、新しいサービスを手掛けている。著書は「夫婦の『幸せ循環』を呼ぶ秘訣」(講談社)「モンスターワイフ」(同)「40歳からの女性ホルモンを操る53の習慣」(扶桑社)「堂々再婚」(wave出版)など多数。コミック「『君とはもうできない』と言われまして」(KADOKAWA)の監修も手掛ける。恋人・夫婦仲相談所(http://fufunaka.com/)、公式LINEアカウント(https://lin.ee/oTQa13s)、公式note(https://note.com/suzune_16)、Glad(https://www.glad.tech)。

コメント