オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

花粉症とオミクロン株、見分けるポイントは? 医師に聞く

新型コロナウイルスのオミクロン株感染と花粉症、見分けるポイントはあるのでしょうか。医師に聞きました。

花粉症とオミクロン株、どう見分ける?
花粉症とオミクロン株、どう見分ける?

 今年も花粉症のシーズンが来ましたが、今年は特に、新型コロナウイルスのオミクロン株の流行と時期が重なり、見分けがつかない恐れが指摘されているようです。オミクロン株感染と花粉症、見分けるポイントはあるのでしょうか。医師の市原由美江さんに聞きました。

目のかゆみは花粉症、発熱はオミクロンの可能性、他は類似

Q.花粉症の主な症状を教えてください。

市原さん「代表的な症状は、鼻汁(鼻水)、鼻詰まり、くしゃみ、嗅覚障害、倦怠(けんたい)感などです。目のかゆみを感じる人も多く、喉の違和感やせきが出る人もいます」

Q.新型コロナのオミクロン株に感染・発症した場合の主な症状を教えてください。

市原さん「オミクロン株は、一般的な風邪と症状が類似しており、咽頭痛、鼻汁、鼻詰まり、くしゃみ、せき、倦怠感、発熱などが主な症状です」

Q.花粉症とオミクロン株の症状は、どのような点が似ていて、どのような点が違うのでしょうか。見分けるポイントは。

市原さん「似ている点は、鼻汁や鼻詰まりなどの鼻の症状、喉の痛みや違和感などの喉の症状、くしゃみ、せき、倦怠感などです。これらは、オミクロン株でも花粉症でも出ます。

一方、目のかゆみは花粉症でしか認められません。また、発熱は、アレルギーによる炎症が強いと花粉症でも起こりますが、微熱のことが多いです。オミクロン株を含む新型コロナウイルスの特徴の一つといえ、花粉症と見分けるポイントとなり得ます」

Q.「今年も花粉症の症状が出た」という人は、通常通り耳鼻咽喉科を受診してもいいのでしょうか。それとも、オミクロン株感染を疑って、発熱外来など新型コロナの相談窓口に連絡した方がいいのでしょうか。

市原さん「発熱を伴う場合は、発熱外来を予約して受診する方がいいでしょう。発熱を伴わない、いつもの症状であれば、耳鼻咽喉科や内科でいいと思います。そういった対応をしなければ、発熱外来がパンクしてしまいます」

Q.「昨年までは春も問題なかったのに、初めて花粉症のような症状が出た」という人は、オミクロン株感染を疑った方がいいのでしょうか。それとも、花粉症の治療を考えるべきでしょうか。まず受診するとしたら、何科になりますか。

市原さん「先ほどの『毎年、花粉症』という人と同様、発熱を伴わないのであれば耳鼻咽喉科や内科を受診しましょう。発熱を伴う場合は、発熱外来を予約受診した方がいいと思います」

Q.毎年花粉症になっている人が、気を付けるべきこととは。

市原さん「花粉が飛散する前から、花粉症の治療薬である抗ヒスタミン薬を飲むと、症状が軽減することが分かっています。毎年症状が出る時期が分かっていれば、少し早めに受診して、薬を内服し始めることをおすすめします。

ただし、今年はオミクロン株の流行時期と花粉症の時期が重なるので、自分の症状の変化をよく把握し、いつもと違ったり、発熱を伴ったりすることがあれば、新型コロナウイルス感染症を疑わなくてはいけません。例年以上に注意してください」

(オトナンサー編集部)

1 2

市原由美江(いちはら・ゆみえ)

医師(内科・糖尿病専門医)

横浜鶴ヶ峰病院付属予防医療クリニック副院長。自身が11歳の時に1型糖尿病(年間10万人に約2人が発症)を発症したことをきっかけに糖尿病専門医に。病気のことを周囲に理解してもらえず苦しんだ子ども時代の経験から、1型糖尿病の正しい理解の普及・啓発のために患者会や企業での講演活動を行っている。また、医師と患者両方の立場から患者の気持ちに寄り添い、「病気を個性として前向きに付き合ってほしい」との思いで日々診療している。糖尿病専門医として、患者としての経験から、ダイエットや食事療法、糖質管理などの食に関する知識が豊富。1児の母として子育てをしながら仕事や家事をパワフルにこなしている。オフィシャルブログ(https://ameblo.jp/yumie6822/)。

コメント