オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • 飲み会は飲めない人も含めて“割り勘”にすべき? 賛成派「その分食べる」、反対派「ほんと嫌」

飲み会は飲めない人も含めて“割り勘”にすべき? 賛成派「その分食べる」、反対派「ほんと嫌」

飲み会は、飲まない人も飲む人も等しく「割り勘」とすべきか、というテーマがSNS上で議論されました。「その分食べまくるからトントン」という肯定派、「飲める人が少し多めに」という否定派に割れていますが「マナーのプロ」の見解とは。

飲み会は「飲まない人」も割り勘にすべき?

 お酒の場では、お酒を飲まない人も飲む人と同様に「割り勘」とすべきか――。SNS上で先日、こうしたテーマの議論が交わされました。普段お酒を飲まず、ウーロン茶を2杯程度という投稿者は「同じ席に飲まない子が数人いる」状況において、「会計を割り勘にすることについてどう思いますか」と問題提起。これに対し「その分食べまくるからトントンかなと思います」「お酒飲まないけどコーラたくさん飲むから気にしない」という肯定派、「飲めないのに飲み会代出すのほんと嫌」「飲める人が少し多めに払ってほしい」という否定派を含む、さまざまな意見が上がりました。

「マナーのプロ」はどのように考えるでしょうか。「マナーは互いをプラスにするもの」をモットーに、国内外の企業や大学などで人財育成教育やマナーコンサルティングを行うほか、NHK大河ドラマなどのドラマや映画で俳優や女優へのマナー指導を行い、日常生活における円滑な人間関係の構築などに関するマナー本が国内外で70冊以上(累計100万部超)のマナーコンサルタント・西出ひろ子さんに聞きました。

「飲む人」も「飲まない人」も配慮が必要

Q.マナー的観点からして、飲む人と飲まない人が混在する飲み会のお会計はどうしたらよいでしょうか。

西出さん「会社の飲み会や友人同士の集まりなど、飲み会にはさまざまな種類があるので状況による部分は大きいと思います。マナーとは、まずは、相手の立場に立つことです。今回のように飲む人と飲まない人が混在する飲み会の場合、それぞれの立場で相手への配慮が大切なことではないかと感じます。その上で、お会計をどうすればよいかはその場の状況次第で一概に言えることではないと思います」

Q.相手の立場に立つことがマナーであるとすれば、飲めない人の立場からは、どのようなマナーが必要ですか。

西出さん「実は私もお酒は飲めませんし、飲食も少量ですので投稿者のおっしゃることは分かります。飲み会への参加はほとんどの場合、飲食の量に関係なくお金を支払うことが前提にあると思います。つまり、飲食の量に差が出てしまう可能性があるということを理解、承知した上で参加するのだということを、基本の心得として持っておくべきでしょう。その方が、後から自分にマイナスの感情が残らないと思います。飲食の量からすると、時に金銭的に不平等だと思うこともあるかもしれませんが、それ以上に飲み会での出会いや楽しい時間、新たな情報を得られたなど、金銭とは直接関係のないところで『プラス』を感じる心の持ち方がマナーの一環として大切なことだと思います」

Q.では逆に、飲める人の立場からのマナーとはどのようなものでしょうか。

西出さん「飲めない人の立場に立っていただけたらと思います。そうすることで『お会計の金額が同じであれば、何となく良い気持ちはしないのではないか』と、相手の気持ちを察して差し上げることができると思います。飲めない立場の人からは『安くしてほしい』とは言いにくいものです。そこで『飲めない人(食べていない人)は安くしよう』と提案したり、飲めない人と飲める人では、金額が異なることをあらかじめ伝えたりすることを検討するのがよいと思います。ただし『飲める/飲めない』『飲んだ/飲んでいない』の境界線がどこにあるのか分かりにくいこともあるはずです。そのような意味では、不平不満が出ないようにお会計を一律にすることもあるでしょう。その場合、飲めない人(食べていない人)に対して『飲んで(食べて)いないのに同じ金額を支払ってもらってごめんなさい』などと思いやりのひと言を伝えてあげると、相手の気持ちも救われるのではないでしょうか」

Q.最後に“まとめ”をお願いします。

西出さん「飲み会や友人同士の集まりの根底にある主たる目的は、飲食ではなく親睦だと思います。お金は大切ですが、せっかく参加するのであれば、互いに気持ち良くその場を過ごして帰りたいものです。そのために、双方がそれぞれの立場で状況や相手を理解し、大きく深い思いやりの気持ちをもって対応し合うことがお互いにプラスを創造するマナーだと言えます」

(オトナンサー編集部)

西出ひろ子(にしで・ひろこ)

マナーコンサルタント・美道家・ヒロコマナーグループ代表

大妻女子大学卒業後、国会議員などの秘書職を経てマナー講師として独立。31歳でマナーの本場英国へ単身渡英。同国でビジネスパートナーと起業し、お互いをプラスに導くヒロコ流マナー論を確立させる。帰国後、名だたる企業300社以上にマナー研修やおもてなし、営業接客マナー研修、マナーコンサルティングなどを行い、ほかに類を見ない唯一無二の指導と称賛される。その実績は、テレビや新聞、雑誌などで「マナー界のカリスマ」として多数紹介。「マナーの賢人」として「ソロモン流」(テレビ東京)などのドキュメンタリー番組でも報道された。NHK大河ドラマ「花燃ゆ」「龍馬伝」、映画「るろうに剣心 伝説の最期編」など、ドラマや映画、書籍でマナー指導・監修者としても活躍中。著書に、28万部突破の「お仕事のマナーとコツ」(学研プラス)「マンガでわかる! 社会人1年生のビジネスマナー」(ダイヤモンド社)「マナーコンサルタントがこっそり教える 実は恥ずかしい思い込みマナー」(PHP研究所)「運のいい人のマナー」(清流出版)など国内外で70冊以上。最新刊「10歳までに身につけたい 一生困らない子どものマナー」(青春出版社)が2018年5月19日に発売。ヒロコマナーグループ(http://www.hirokomanner-group.com)、プレミアムマナーサロン(http://www.erh27.com)。