オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

信号ない横断歩道で通行待ち、見知らぬ人に“手あげませんか?”と言われてまさかの展開 「ためになるお話」

横断歩道で通行待ちしていたときの出来事を描いた漫画が話題に。信号のない横断歩道で何も考えずに通行待ちをしていた女性。すると、ある男性が…。

横断歩道で通行待ちしていたときの出来事を描いた漫画のカット=サル山ハハヲ(saruyamanohaha)さん提供
横断歩道で通行待ちしていたときの出来事を描いた漫画のカット=サル山ハハヲ(saruyamanohaha)さん提供

 横断歩道で通行待ちしていたときの出来事を描いた漫画がSNS上で話題となっています。ある日、信号のない横断歩道で何も考えずに通行待ちをしていた女性。すると、ある男性が「手をあげてみませんか?」と声をかけてきて…という内容で「こんなことがあるんですね」「ためになるお話」「こんな経験なかなかないですね」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

雑談していた男性がまさかの…

 この漫画を描いたのは、サル山ハハヲ(ペンネーム)さん(30代)です。兼業主婦として2人の子どもの子育てをしながら、日常で起こったさまざまな出来事を漫画にして、インスタグラムで発表しています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

サル山ハハヲさん「漫画を描き始めたのは、インスタアカウント開設と同時の2021年6月です。お絵描きは小さい頃から大好きで、ここ数年も子どもの保育園の連絡帳に絵日記を描いていたのですが、漫画という形にしたことはなく…デジタルにも漫画形式にも慣れていないので、まだまだ勉強中です」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

サル山ハハヲさん「普段は育児漫画を描いているのですが、とても驚いた出来事だったので漫画にしてみました。自身がドライバーのときは歩行者優先で運転しているのですが、歩行者になると、われながらボンヤリしているなあと描いてから気付きました」

Q.まさか、こんなことがあるんですね。かなり驚かれたのでは。

サル山ハハヲさん「とても驚きました! 『なかなか渡れないな』と思っていたのですが、雑談していた方がまさか、警察官とは思いもせず。漫画では省略していますが、1分くらい、『天気がいいですね』みたいな雑談をしていました。自分自身もドライバーなので、改めて、気を引き締めるいい機会になりました」

Q.この後、話しかけてきた男性からは何か言われたのでしょうか。

サル山ハハヲさん「そのまま走って、お仕事(取り締まり)に行かれました。周りを見ると、ほかにも数名の警察官の方がいらっしゃって、皆さん、キビキビと動いていました。まだ暑さの残る日だったので、心の中で『お仕事、お疲れさまです…!』とエールを送りました」

Q.このほかに「そういえば!」と気付いた交通ルールはありますか。

サル山ハハヲさん「駐停車禁止場所です。時々、交差点や横断歩道のすぐそば(5メートル以内)で駐停車している車を見かけるので、車で横を通るとき、歩行者がいないかドキドキします」

Q.教習所で、一番謎だったことは何でしょうか。

サル山ハハヲさん「車庫入れの仕方です。『3本目のポールがサイドミラーで見えたらハンドルを切る』じゃなくて、もっと現実的な方法で教えてほしかったです! とはいえ、場所によって基準にするものが違うので、教えるのも難しいですよね。あと、ガソリンスタンドの使い方を教えてほしいです!! 初めて利用したときの緊張感はすごかったので…」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

サル山ハハヲさん「私は子どもの頃、『止まってくれる車って優しいんだなあ』と思っていたのですが、同じように思っていた方が多かったです。また、免許を持っていない方は『歩行者がいたら、車が止まる決まりなの?!』と驚いていました」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

サル山ハハヲさん「仕事の話を描いてみたいです! 今は育児漫画を中心に描いているのですが、前職も現職もクリエーター職で面白い環境なので。あと、いつか、オリジナルの創作漫画も描いてみたいです」

(オトナンサー編集部)

【漫画】本編を読む

画像ギャラリー

コメント

1件のコメント

  1. これはいろいろ微妙なグレーゾーンが絡む問題。
    道交法で「渡ろうとする歩行者がいるとき」止まらないといけないんだが、横断歩道で立っているだけの人がそれに当てはまるかどうかって微妙なんだよ(ほとんどの場合が渡るつもりなんだから止まった方がいいし私も止まるけど、そのことと違反・罰金になるほどの明確性が有るかは別)。だから警察が取り締まるのは「横断する方向に動いていたが車が来たので止まった」のような場合に限られるんだけど、今回の件では手を上げさせることで「渡ろうとする歩行者」であることを明白にして取り締まったことになる。
    で、だったらこのおじさんが手を挙げればいいと思うかもしれないが、警察官がそれをやると囮捜査あるいは犯罪への誘導となりかねないので、一般人にそれとなく手を挙げさせることでその問題を回避している(本当に回避できているかはわからん。紙一重だと思う)。