オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

【戦国武将に学ぶ】浅井長政~織田か朝倉か…家康に匹敵し得る男の「惜しむべき選択」~

記事ページに戻る

画像ギャラリー

小和田哲男(おわだ・てつお)

静岡大学名誉教授

1944年、静岡市生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。現在、静岡大学名誉教授、文学博士、公益財団法人日本城郭協会理事長。専門は日本中世史、特に戦国時代史。著書に「戦国の合戦」「戦国の城」「戦国の群像」(以上、学研新書)「東海の戦国史」「戦国史を歩んだ道」「今川義元」(以上、ミネルヴァ書房)など。NHK総合「歴史秘話ヒストリア」、NHK・Eテレ「知恵泉」などに出演。NHK大河ドラマ「秀吉」「功名が辻」「天地人」「江~姫たちの戦国~」「軍師官兵衛」「おんな城主 直虎」「麒麟がくる」の時代考証を担当している。オフィシャルサイト(https://office-owada.com/)、YouTube「戦国・小和田チャンネル」(https://www.youtube.com/channel/UCtWUBIHLD0oJ7gzmPJgpWfg/)。

コメント

2件のコメント

  1. 浅井長政が信長を裏切って挙兵したというのは、長政側からすればもし朝倉氏が滅ぼされてしまうと、自分の領地が織田氏の領地で囲まれてしまう結果となり、完全に従属する形となることと、さらに朝倉氏のようにいずれ言い掛かりをつけられて攻撃される危険性を考えざるを得なくなったわけでしょう。
    そうなるとこれまで何かあっても朝倉氏が救援してくれたのにそれもないのでは確実に滅ぼされてしまうのは明白ですから、浅井氏が朝倉氏との同盟を重視して、織田氏を裏切るという判断は、至極妥当ではないでしょうか。むしろ信長が長政がそう考える可能性を無視した方に問題があったというべきではないでしょうか。信長が上洛の兵を挙げてからの対応があまりにも強引で朝倉氏への対処も約束を無視していたので、長政の不安と不満がこの結果になったのだと言えます。もっとも長政もいろいろ悩んだ末の決起だったと思いますが、その際に久政の発言力が大きかったのは確かだと思います。

  2. 私は歴史にはついては全く素人ですが、「早すぎた本能寺の変」という感じがします。